アイピルをホテルに持参|避妊をしない彼へサプライズ

アフターピルのアイピル

アイピルは通常使用するピルと異なり、性行為のあとに摂取することで妊娠しないようにするアフターピルなのです。
インドの大手製薬会社シプラ社が製造販売していますが、位置づけとしてはノルレボの後発薬になります。
日本では病院やクリニック医師からの処方でノルレボを購入することが出来ますが、かなり高額なため、後発薬が人気となっています。
SEXは通常、妊娠するために行いますが、もちろん妊娠目的だけでなく多くの人が快楽目的で行います。
しかし本来は妊娠するための作業ですので、避妊しなければ妊娠してしまう確率があがるのは当たり前です。

避妊具としてたくさんの人がコンドームを使用していますが、実は成功率は100%ではありません。

もちろん性病予防などのためにコンドームの着用は必要なのですが、時には穴が開いてしまったり、抜くときに抜けてしまったりなど失敗してしまうこともあるのです。

中には何も着用しないで、外にだせば大丈夫でしょ?と勘違いしている人もいて外に出したはずが妊娠してしまったんですなどという方もいます。
SEXはお互いの合意の元行うのが当たり前ですが、中には意図してないSEXを強要されてしまったという人もいます。
その際もしかして妊娠していたら?などの恐怖におびえるのは女性なのです。
アイピルはこれらのような避妊をしくじってしまった時に72時間内に使用することで、回避させることが可能なのです。
一般名はレボノルゲストレルで、摂取することによって女性の体内ホルモンを大きく乱し子宮内膜をはがす働きがあり妊娠を回避させます。
先ほど72時間と記載しましたが、早く服用すれば早いほど効果が高くなり、72時間で80%24時間以内に服用できれば95%妊娠を予防することが出来ると考えられています。
SEXの後に使用することから、アフターピルと呼ばれており、アイピルはそのアフターピルの中でも大変人気の高い製品なのです。
ここで注意しなければいけないのが、毎回失敗したからと言って服用すればいいものではありません。
常用することによって、女性の体に大きな負担をかけてしまいますし値段的にもかなり高級品です。
多くの人はもしもの時のために、常に持ち歩いたりしているようです。